【忙しいけどこだわりたい】ハンドドリップコーヒーメーカー HARIO V60 珈琲王2

珈琲王2ガジェット
スポンサーリンク

在宅勤務がきっかけでこだわりだしたハンドドリップコーヒー

ハンドドリップ生活を始めてみた

在宅勤務の生活も、そろそろ半年を迎えようとしているのだが、家で仕事をしていると仕事中の飲み物にも変化が。職場に通勤していた頃は、手軽にペットボトルの水やお茶で済ましていたが、在宅勤務になると朝の時間にも余裕が持てるためか、ちょっとリッチな気分で珈琲タイムをと思い立ち、近所のホームセンターへ足を運んでみた。

ハンドドリップでコーヒーを本格派気分で楽しんでみたいと考え、コーヒーミル(コーヒー豆を粉砕する機械)やドリッパー(コーヒーを抽出するためにフィルターやコーヒーの粉をセットするロート状のもの)、ドリップポット、コーヒー豆など一式を揃えてみた。

コーヒーの淹れ方とかもネットで調べ、ドリップ時には、蒸らす時間をとることや、コーヒー豆の保存方法などの基礎知識も頭に入れて、ドリップ生活を開始。

ドリップコーヒー

ハンドドリップコーヒーは意外と時間かかる・・・

必要な道具を一式を揃えて、ハンドドリップコーヒー生活を開始しました。コーヒーミルを使ったときに感じるコーヒーの香り、蒸らす時間を考え、ゆっくりしたペースでお湯を注ぐ。んー、とても優雅な時間を感じられるひとときである。ペットボトルのコーヒーとは違い、コーヒー独特の香りや味が強く感じることができ、美味いと感じたのは想定通りだ。

しかし、「意外と時間がかかる・・・」

それは当たり前のことで、お湯を沸かしつつ、コーヒー豆をミルで粉状にし、ドリッパーにフィルターをセットして、ゆっくりとお湯を注ぐ。蒸らす時間は手持ち無沙汰にもなる。

いくら在宅勤務で朝に時間の余裕ができたとはいえ、これではゆっくりとコーヒーを楽しむ時間も無くなってしまうと考えた私は、得意のガジェットの力を借りようと考え、Amazonで機械式のコーヒーメーカーを探し始めた。

スポンサーリンク

機械式のコーヒーメーカーって色々ある

Amazonで調べたら、色々な種類のコーヒーメーカーがあって、どれを選んだらよいのか、わからない・・・。お手軽さでいえば、職場でもおなじみのネスカフェバリスタが楽で良いけど、ドリップコーヒーとは言えないので候補から除外。

これ業務用じゃないの?ってくらいの価格帯のものから、数千円で買えるもの、コーヒーミルの機能まで付いて完全自動マシンのものまで、選択肢は無数にある。今回のコーヒーメーカーの選択基準は以下とした。

  1. ドリップ方式であること
  2. あまり時間を取られないこと
  3. 手入れが楽なこと

コーヒーミル付きの全自動マシンも検討したが、使うたびにマシンの清掃を行うのも手間と時間がかかるので選択肢から除外。

色々と物色していると、こんな謳い文句が

「本格ハンドドリップコーヒーの味わいをご家庭で」

ハンドドリップをマシンが再現 HARIO/ハリオ V60 珈琲王2

HARIO珈琲王2

「ハンドドリップをマシンが再現」の謳い文句が気になり、どんなマシンか調べてみた。特長は以下の3点である。

1.こだわりの蒸らし機能
2.最適な93度でドリップ
3.30分間の保温機能

「1」のこだわりの蒸らし機能がこのマシンの一番の特長だ。ドリップ設定時に、何杯分のコーヒーを淹れるのか選択し、淹れるコーヒーの量に応じて蒸らす時間を変えているようである。ドリップ自体も、ドリッパーからこぼれないよう、ハンドドリップ同様のペースでお湯が注がれる。

また、このマシンにはポットとドリッパーも付属品として付いているが、このマシン専用のものでなく、HARIOがハンドドリップ用として市販しているものと同じものであるため、万一割れてしまったりしても、市販品のポットやドリッパーも使用できる点が安心だ。

マシンのお手入れも、基本的には、コーヒーポットとドリッパーを洗うだけで済むので、マシンからパーツを取り出して洗浄する必要がない。

メンテナンスが楽なことは、長く使い続けることを考えると、大きなメリットである。

まとめ

珈琲王2を使い始めて数ヶ月が経過しているが、朝の忙しい時でも、あまり時間をかけることなくハンドドリップコーヒー生活を楽しむことができている。

朝も忙しいサラリーマンや、家事に追われる主婦の方にもオススメのマシンが「HARIO/ハリオ V60 珈琲王2」である。

紹介動画 HARIO/ハリオ V60 珈琲王2

マシンのハンドドリップシーンを動画でご覧ください。

【HARIO V60 珈琲王2 抽出動画】お手軽に本格派ドリップコーヒーが楽しめるコーヒーメーカー

【実測してみた】珈琲王2で淹れるハンドドリップコーヒーの抽出時間は?

【実測してみた】珈琲王2で淹れるハンドドリップコーヒーの抽出時間は?