バナー広告やサムネイル画像の制作を承っております。詳細はこちらから、ページ下部「ココナラ」リンクをご覧ください。

格安 スマホ用1軸ジンバル「Zeshbit」の実力を検証

目次

ジンバルとは?

ジンバルとは

そもそも、ジンバルって何?という方もいるかもなので、先に簡単にジンバルについて説明をさせていただく。

この写真のお姉さんが持っているスマホが付いた棒状のもの。これが「ジンバル」である。

動画を撮影する時に、手でカメラを持って撮影すると、どうしてもブレや揺れが映像に出てしまう。最近のカメラやスマホには、優秀な手ブレ補正機能が付いている。しかし、カメラマンが動きながら撮影する時などは、手ブレ補正機能だけでは補いきれないブレや揺れを抑えて、見やすい映像を撮ることを手助けしてくれるのが、ジンバルなのである。

動画でのレビューも当ページ末に掲載しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください。

ジンバルの仕組み

ジンバルの仕組みを解説する前提として、手ブレには3つの要因があることを理解しておくほうが良い。

ジンバルの仕組み2
手ブレの3つの要因
  1. カメラの回転による手ブレ
    カメラが時計回りや反時計回りに傾いてしまう手ブレ。
  2. カメラの上下の向きによる手ブレ
    カメラが上を向いたり、下を向いたりしてしまう手ブレ
  3. カメラの左右の向きによる手ブレ
    カメラが撮影対象に対して、左や右に向いてしまう手ブレ

ジンバルは、この3方向のブレを、3軸、つまり3つのモーターで手ブレを制御して、ブレ・揺れを抑えるマシンのことである。

スマホ用のジンバルは、1万円以上するものが主流で、本格的な一眼レフやミラーレスカメラに対応したジンバルだと、4万円、5万円以上するものも多くある。

iPhone・iPadを買い替えたなら

新しいiPhone・iPadに買い替えた時に、旧端末はどうしてますか?
通信キャリアに下取りしてもらう方もいると思いますが、毎月の使用料からの値引きのため、現金買取にはならず、納得のいく買取価格にならないことも・・・。

そんな時には、宅配買取サービスを検討してみませんか?
宅配買取BUY王なら、iPhoneなどのスマホ以外にもゲームソフトやDVD/CDなども、まとめて買い取ってもらえるのでオススメです。
キャンセルOKの無料買取査定もあるので、スマホ買い替え時の下取りは、キャリア下取りに出す前に、BUY王での下取りを検討してみてください。

今なら、初回利用の方限定で最大10,000円プレゼントキャンペーンも実施中です。

1軸スマホ用ジンバル「Zeshbit」

通販サイトでジンバルを調べていたら、「1軸」のジンバルというものを見つけた。通常の3軸ジンバルに対して、1軸のジンバルの実力や使いみちに興味があり、価格も5千円以内で買えるものが何種類かあった。その中でも売れ筋で、評価も高い「Zeshbit」の1軸スマホジンバルを購入してみた。

Zeshbit

特長 ~1軸スマホ用ジンバル「Zeshbit」~

1軸スマホ用ジンバル「Zeshbit」の特長を簡単にまとめてみる。

1軸スマホ用ジンバル「Zeshbit」の特長
  1. 価格が安い
    通常の3軸ジンバルの半額以下で、4,000円前後で販売されていることが多い。
  2. 1軸ジンバルである
    その名の通り、カメラの時計回り・反時計回りの回転を抑えるだけの1軸ジンバルである。1軸であるため、3軸ジンバルと比較して、コストダウンを実現している。
  3. 三脚・自撮り棒として使える
    スマホのカメラを固定して撮影する時の三脚として使ったり、スマホ用自撮り棒としても使うことができる。支柱を伸ばすことにより、最大約70cmくらいまで伸ばして使うことができるので、三脚や自撮り棒としての使い勝手も良い。
  4. コンパクト・軽量
    折りたたむことができ、折りたたんでしまうと約20cmで重さも230g程度で、持ち運ぶことが前提のジンバルとしてはコンパクト・軽量設計である。
Zeshbit01
スマホ用三脚としても使える
Zeshbit04
最大約70cmまで支柱を伸ばすことができ、自撮り棒としても活躍する
Zeshubit03
コンパクトサイズで持ち運びに便利

検証 ~1軸ジンバルの実力は?~

1軸ジンバルの実力を確かめるため、3つのシチュエーションで検証を実施してみた。

検証1 ~歩きながら撮影した時の手ブレ補正効果

1軸ジンバル効果検証1

検証2 ~動くものを、人が追いかける時の手ブレ補正効果

1軸ジンバル効果検証2

検証3 ~自撮り棒としての使用時の手ブレ補正効果

1軸ジンバル効果検証3

それぞれの検証内容は、文末にYou Tube動画として掲載しているので、そちらの動画を見ていただきたい。

まとめ

3つの検証結果から考えると、3軸の本格的なジンバルと比較してしまうと、やはり1軸での手ブレ制御となるので、手ブレ抑制効果だけを見てしまうと、イマイチなのかな、というのが正直な感想である。

本来のジンバルの役目は、本格的な3軸ジンバルに任せる、と考えるべきである。

というより、今回紹介したスマホ用1軸ジンバル「Zeshbit」の位置付けは、ジンバルとしての手ブレ補正機能がメインではなく、「スマホ用三脚の高機能版」「自撮り棒の高機能版」である、と理解した方が合点がいく。

結論 スマホ用1軸ジンバル「Zeshbit」とは

三脚・自撮り棒に、1軸の簡易的なジンバル機能を付けた、三脚・自撮り棒の高機能版商品、と考えての購入をオススメします。現在、価格が下がってきており、自撮り棒との価格差が少なくなってきているため狙い目です。

動画で解説 ~【検証してみた】格安 スマホ用1軸ジンバル「Zeshbit」の実力をチェック~

※動画上部のタイトル部分をクリックすれば、YouTubeアプリでの閲覧ができます。
記事のシェアをお願いします
目次
閉じる