【Click】バナー広告やYouTubeのサムネイルなどの画像制作業務も承っております。プロフィールページのバナーをご確認ください。【Click】

【ノートPCからスマホまで】高出力100W!超小型急速PD充電器「Baseus GaN2 FAST CHARGER」

Baseus 100W PD充電器ガジェット

このブログを見ていただいているあなたなら、「PD充電器」という言葉は、既にご存知かもしれません。

PD充電には、スマートフォンやタブレットをはじめ、多くの機器が対応し始めています。PD充電器の進化によって、高出力化が実現され、ノートパソコンにもPD充電対応機種が増えていますよね。

そこで、今回は、世界初!QC(クイックチャージ)5.0対応 ~ノートPCからスマホまで~ 高出力100W!超小型急速PD充電器「Baseus GaN2 FAST CHARGER」と題して、イチオシのPD充電器をご紹介いたします。

ノートPC用にPD充電器を探している方にピッタリのモデルです。

動画でのレビューも、当ページ末に掲載しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

高出力PD充電器に求められること

ノートPCにもPD充電に対応したモデルが多く販売されています。MacBookProやWindowsのハイスペックモデルでは、100W前後、あるいはそれ以上の出力が必要なモデルも珍しくありません。

そこで、高出力PD充電器に求められることを、まとめてみます。

高出力PD充電器に求められる4項目
  1. 高出力
  2. 安定性
  3. 汎用性
  4. 携帯性

高出力

まずは、当然のことですが、「高出力」であることが絶対条件になってきます。ノートPCにも対応した高出力PD充電器としては、「100W」級の出力があれば安心です。

もちろん、使用するノートPCにより必要な電力は異なりますが、現時点で実用レベルの高出力PD充電器として、「100W」モデルのPD充電器は、最も購入候補として現実的ではないでしょうか。

安定性

PD充電器の高出力化に伴い、充電器の発熱や耐久性の問題、そして、充電される側の機器やバッテリーを大きな電力から保護する仕組みなど、より安定した性能が高出力のPD充電器には求められます

汎用性

USB Type-Cポートを使った充電を「PD充電」と ひとくくり に言っておりますが、実際には、PD以外にも多くの規格が存在しています。充電器により、対応できる充電規格が異なりますが、充電器側が多くの充電規格に対応して、色々な機器に汎用的に使える、ということが理想です。

携帯性

ノートPCの電源としてPD充電器を使用することを考えると、「携帯性」も重要な要素です。
もちろん、PD充電器が登場したことによって、従来のノートPCに付属のACアダプターと比べれば、随分と軽量・小型化していることは事実です。しかし、PD充電器を一度使用しはじめると、より軽量で小型の充電器が欲しくなることも、うなずけます。

一般的に、充電器は高出力化に比例して、大型になっていきます。この充電器の「高出力化」と「小型化」という相反する課題をクリアした、よりコンパクトで、より軽量なPD充電器が求められています。

スポンサーリンク

100W高出力充電器 Baseus「GaN2 FAST CHARGER」

Baseus PD充電器
Baseus「GaN2 FAST CHARGER」

前項の「高出力PD充電器に求められる」 要件を、全て満たしたPD充電器が Baseus「GaN2 FAST CHARGER」です。

Baseus社について

ガジェット好きの方なら、既にご存知かもしれませんが、このPD充電器を販売しているのは、Baseus(ベースアス)というグローバル企業です。
Baseus社は、先進的なガジェットや家電製品を開発・販売しており、中国のシリコンバレーと呼ばれる深センを拠点に、世界180を超える地域で販売ネットワークを持つ企業です。

この便利モノチャンネルブログで、BaseusのANC(アクティブノイズキャンセリング)ワイヤレスイヤホンもご紹介しております。

Baseus FAST CHARGER 現物チェック

それでは、Baseus FAST CHARGER の現物をチェックしてみましょう。

本体と100W充電に対応したeMarkerケーブル(1.5m)が付属 ※クリックで拡大
【PSEマーク取得】baseus-PD充電器
PSEマーク取得で安心です ※クリックで拡大
QuickCharge5.0対応
世界初のQuickCharge5.0対応充電器 ※クリックで拡大
【折りたたみ式プラグ】baseus-PD充電器
プラグは折りたたみ式で持ち運び時もコンパクト ※クリックで拡大

Baseus「GaN2 FAST CHARGER」 の特長

Baseus FAST CHARGERの特長を紹介します。

ノートPCにも余裕の100W高出力PD充電器

まずは、100Wの高出力に対応したPD充電器、という点です。
この充電器は、ノートPCの電源としてPD充電器をお探しの方にピッタリのPD充電器です。
特に80Wクラス以上の高出力が必要な、比較的ハイスペックなノートPCをお使いの方にピッタリの充電器ですね。

このPD充電器をオススメするのは、ノートPCの電源としての使用をメインに考え、スマホやタブレットも仕事の空き時間に短時間で急速充電をしたい、という方向けの充電器ですね。この「空き時間に短時間で急速充電」という点が、ポイントなのですが、これらを実現させる技術を次の項目で解説します。

世界初 QC5.0とGaNを採用し、充電の高速化と安定性を両立

PD充電器、特にこの商品のような高出力の充電器には、高速充電の機能はもちろん、大きな電力を扱うがゆえに、充電品質の安定性も求められます。

この充電器では、GaN(窒化ガリウム)QC5.0(QuickCharge5.0)という技術を組み合わせて、高出力、かつ安定した充電を実現しています。

GaN(窒化ガリウム)とは
窒化ガリウム

窒化ガリウムとは、シリコンに代わる次世代の半導体で、シリコンと比較して、以下のような特長を持っています。

  • 熱伝導率が大きく、放熱性に優れる
  • 高温動作に優れる
  • 耐久性に優れる

窒化ガリウムは、従来、半導体として使用されていたシリコンよりもエネルギー効率に優れた半導体として注目されています。充電器の世界では、窒化ガリウムを採用することにより、従来より「小型」「高出力」「高耐久」を実現させることができたのです。

また、この充電器は、世界初のQC5.0(Quick Charge 5.0)という規格を実装しております。

QC5.0(QuickCharge5.0)とは
Quick Charge 5.0

Qualcomm社認証の充電規格。

QC5.0規格の特長は以下のとおり。

  • 最大70%の充電効率向上
  • 4倍の充電速度
  • 充電時の発熱が10度低下
  • バッテリー0%から50%まで約5分間で充電(4500mAhバッテリー換算)

その他にも、安全対策として電圧、電流、温度など12の保護機能を搭載し、バッテリーの寿命や安定性、充電効率の向上を実現しています。また、前世代までのQC規格との下位互換性を持つため、古い機器への充電にも対応します。

QC5.0を採用したことにより、今までにないくらい「高速」で「安定」した充電を実現しています。

多くの充電器規格に対応

普段、充電器を使用していて意識することは無いと思いますが、スマホやタブレットなどには、実は多くの充電規格が存在しています。それぞれのスマホなどの端末が対応した充電規格で充電をしてあげないと、安定した充電は実現できません。

このBaseus FAST CHARGERは、多くの充電規格に対応しており、多くの機器の急速充電に対応しており、高い汎用性を持ち合わせております。

Baseus FAST CHARGER が対応する充電規格

PD 2.0/3.0、PPS、QC 5.0、QC 4.0/4+、QC 2.0/3.0、FCP、AFC、SCP、MTK PE+、Apple 2.4 A、BC 1.2、Type-C DFP

また、Quick Charge 5.0規格は、従来のQC規格に対応した、いわゆる下位互換性を持つだけでなく、PD充電に対応したデバイスや、iPhone8以降のアップルデバイスの急速充電にも対応している点が特長です。

Quick Charge 5.0規格の幅広い互換性
※クリックで拡大

出典:Qualcomm社Webサイト

Baseus FAST CHARGERは、多くの充電規格に対応した汎用性を持つため、1台の充電器でiPhoneやGalaxy、Xperiaなどの各種Androidスマートフォンだけでなく、iPhoneやiPad、そして、MacBook Pro、Windowsノートパソコンなど、幅広い機種に対応しているのです。

検証 ~各機器での急速充電電力~

実際に多くの機種への高速充電に対応しているか、検証してみました。

ノートPC
※クリックで拡大

検証に使ったノートPCは、90WのACアダプターが付属しているモデルですが、FAST CHARGERで充電した時の電圧(V)と電流(A)を計測してみると、電圧が約19V 、電流が5A弱となっており、パソコン側が必要とする、ほぼ最大の電力(W)である90Wを出力できていることがわかります。

Androidスマホ
※クリックで拡大

検証で使用したAndroidスマホは、18Wの急速充電に対応しているモデルです。約9V、2Aの出力が出ており、スマホの画面にも「急速充電」と表示されています。

iPad mini
※クリックで拡大

iPad mini(第5世代)は、検証時に、バッテリーが約75%充電されている状態での計測であったため、やや控えめな数値となっていますが、約15V、1,2Aの出力が出ています。

Androidタブレット
※クリックで拡大

こちらのタブレットは約3年前のモデルですが、Androidスマホ同様に約9V、2Aの出力が出ており、画面に「急速充電中」と表示が出ております。Android端末は、急速充電されていることがひと目でわかる親切設計です。

100W出力クラス充電器なのに、コンパクト・軽量

携帯性ですが、サイズは実測値で 高さ67mm、奥行55mm、厚み30mmと、100WのPD充電器としてはコンパクトサイズになっています。
比較用に、90W出力のPD充電器と並べてみました。高さはほぼ同じですが、奥行きと厚みは、Baseus FAST CHARGERの方が小さく、コンパクトに仕上がっていますね。

※クリックで拡大
※クリックで拡大
※クリックで拡大

重量についても、90Wのモデルが196gに対して、FAST CHARGERは、実測値で173g(充電器本体のみ)と軽く、持ち運びにも便利なサイズ・重量であることがわかりました。

Baseus FAST CHARGERは173g ※クリックで拡大
90Wモデルは196g ※クリックで拡大

充電ポート数について

高出力PD充電器を選ぶ4つのポイントをご紹介してきましたが、もしかしたら、気になった点があるな、と感じた方もいるのではないでしょうか?

そうです、このモデルは充電ポートが1つである、という点です。

同クラスの高出力PD充電器では、複数の充電ポートを持つモデルが多いことは事実です。パソコンを充電しながらスマホも一緒に充電したい、と考える方もいると思います。

複数の充電ポートを持つPD充電器では、複数ポートを同時利用する場合、1ポートあたりの電力に制限がかかることが一般的です。スマホとパソコンへの複数ポート同時出力の場合、パソコンに必要な電力を供給できない、というケースも考えられますが、どうしても1台のPD充電器に複数ポートが必要という方には、こちらのモデルはオススメできないかもしれません。

ただ、スマホとパソコンを同時に充電したい時は、パソコンのUSBポートから充電する、という手段も考えられますね。

まとめ

100Wという高出力のPD充電器「Baseus FAST CHARGER」の特長を、「高出力」「安定性」「汎用性」「携帯性」という4つのポイントで、検証も交えてご紹介しました。

100Wという高出力のPD充電器にとって、4つポイントは、どれも重要な要素でありますが、私、個人的には、「安定性」というポイントが非常に重要であると考えております。充電器による火災などのトラブルについて耳にすることもありますが、安定した品質を高水準で保つことが、高出力PD充電器で最も大切な要素ではないでしょうか。

今回ご紹介した「Baseus FAST CHARGER」は、PSEマークを取得していることは当然として、窒化ガリウムとクイックチャージ5.0の技術で、安定した高出力充電を実現させた、オススメのPD充電器です。

動画で紹介 高出力100W!超小型急速PD充電器「Baseus GaN2 FAST CHARGER」

※動画上部のタイトル部分をクリックすれば、YouTubeアプリでの閲覧ができます。