【Click】便利モノ チャンネル「ネット回線部」では、インターネット回線選びをお手伝いしております【Click】

リスク無く副業を始める ~駐車場貸し出しサービス 「特P」と「akippa」を解説~

特Pとakippaを解説ノウハウ

コロナの影響もあり、収入面で不安を感じて副業を考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、いざ、副業を始めようとしても、準備やスキルの向上に時間がかかったりと、現実的には、収入になるまで時間がかかります。

そんなあなたに最適な副業が「駐車場貸し出しサービス」です。

こちらの記事では、駐車場貸し出しサービスが副業に最適である理由と、オススメのサービス「特P」「akippa」をご紹介します。

副業を始める際の障壁

副業を始めたいと考えた時に、以下のような障壁を感じる方も多いのではないでしょうか。

副業を始める際の障壁
  • スキル、ノウハウが無い
  • スキルアップが必要で収入を得られるまでに時間がかかる
  • 本業が忙しく副業に時間を割けない
  • 投資が伴う

もし、あなたが駐車場などの空き地をお持ちなら、簡単にリスク無く始める副業として「駐車場貸し出しサービス」をオススメします。

リスク無しで始める副業 駐車場貸し出し(シェアリング)サービス」とは

駐車場貸し出しサービスとは、駐車場シェアリングサービスとも呼ばれ、保有する土地を駐車場として貸し出したい土地オーナーと、駐車場を日単位や時間単位で使いたい利用者をマッチングするサービスです。

土地や駐車場オーナーのメリットとしては、投資を伴わずリスクの無い副業収入を作り出すことができます。発生する費用は、実際に駐車場の貸し出しが行われた時の駐車料金に対して一定の手数料を支払うのみです。初期費用も不要のため、赤字のリスクも無い点は安心です。

駐車場貸し出しの手続きも、PC・スマホから駐車場の住所や写真などの情報を登録するだけで、簡単に始めることが可能です。

駐車場貸し出し(シェアリング)サービスのメリット・デメリット

メリット
  • 投資を伴わずノーリスクで始められる
  • 不労収入が得られる(就労時間が不要)
  • 貸し出したい日時をコントロールできる
  • 駐車場利用者との直接のやりとりは必要なく、日々の運用から集金、トラブルサポートも、サービス提供企業側にお任せでき、運用負担がない
  • 集客は、サービス提供企業が広告などで対策してもらえるので、オーナー側は登録するだけ

デメリット
  • 駐車場の写真を公開する必要がある
  • 収入金額は、駐車場の場所や立地条件に左右される
  • 駐車場利用料金に対する30%以上の手数料が発生する

自宅の敷地内にある駐車場を貸し出す場合などは、駐車場の写真が公開されてしまう懸念点もありますが、イベント会場公共施設観光地人気スポットの近くであったり、近隣地域にパーキングが無いエリアなどでは、ニーズが高くなることも期待できます。

一定の手数料が発生するものの、投資が不要でリスクが無く運用もサービス提供企業にお任せできるので、時間・手間が取られない、という点からも、忙しいサラリーマンの副業として魅力的ではないでしょうか。

平日の昼間は、通勤で車を使っているため、自宅の駐車場が空いているような場合、空いている時間帯だけを貸し出す、という使い方も可能です。

また、月極駐車場のオーナーも、借り手が見つからない空き駐車場を、借り手が見つかるまでの間を、手軽に時間貸し駐車場として貸し出すことができます。

利用者の声

利用者も駐車場の予約ができるため、目的地で駐車場が確保出来ない、というリスクから解放され、利便性が高いサービスとして認知されております。

オススメの駐車場貸し出しサービス ~「特P」と「akippa」~

駐車場貸し出しサービスは、複数の企業から提供されていますが、貸し出すオーナー側の視点でオススメの2大サービス「特P」「akippa(あきっぱ)」をご紹介します。

「特P」

「特P」は、数ある駐車場貸し出しサービスの中で、駐車場オーナーがサービス提供企業へ支払う手数料が「30%」と、最も低い設定なっている点が、収益を重視するオーナーにとっての最大のメリットとなりオススメです。

「特P」のメリット
  • 業界最安の手数料「30%」
    多くの駐車場貸し出しサービス提供企業の手数料が売上の50%前後に設定されていますが、特Pは業界最安の「30%」。安い手数料は、収入に直結するため、ニーズのある場所に駐車場をお持ちのオーナーに大きなメリットをもたらします。
「特P」のデメリット
  • 貸し出し時間が4時間単位となる
    日単位、もしくは4時間単位での貸し出し時間設定となるため、短時間利用ユーザーの取り込みは、やや難しくなります。
  • ユーザー数は、akippaより少ない
    特Pはサービス開始が2017年と後発であるため、akippaと比較してユーザー数は少ないと言われております。ユーザー数は公表されておりませんが、ユーザーを増やすことに力を入れており、毎月3,000名以上のペースでユーザーが増えています。
ユーザーの声

時期による利用者数の変動があります。

「akippa」(あきっぱ)

「akippa」は、業界最大手で200万人を超えるユーザーを抱え、駐車場利用者が多く、高い利用率が見込める点が最大の特長です。

「akippa」のメリット
  • 業界最大手でユーザーが多い
    akippaは2014年にサービスを開始した業界最大手で、会員数200万人、駐車場登録拠点数4万ヶ所を誇る業界最大手となります。会員数が多いため、当然駐車場に対するニーズも多くなるため、自身の駐車場の予約が入る可能性も高くなります。
  • 駐車場シェア安心保険が付帯
    万一、駐車場内で物損事故が発生した場合、原則、ユーザーの加入する自動車保険にて当事者間で対応をしてもらいます。しかし、万が一自動車保険が適用されない状況が発生した場合には、必要要件を満たせば『駐車場シェア専用保険』が適用されることになります。駐車場オーナー側の保険料負担はゼロです。
  • 15分単位での料金設定が可能
    日単位での料金設定に加え、「15分単位」での料金設定も可能なため、短時間利用のユーザーも取り込むことができ、駐車場貸し出し効率を上げることができます。
「akippa」のデメリット
  • 手数料が50%と高め
    特Pの手数料が30%であることと比較すると、50%の手数料設定は高めの設定であると言えます。

ユーザーの声

狭い土地でも、バイク駐車場として貸し出しもできます


ユーザー側からも、アプリが使いやすいと評判です。

「特P」→「akippa」の順でサービスを登録してみるのがオススメ

両サービスとも初期費用が発生しないため、気軽に両サービスに登録して実際の申込件数を比較・検証するのも有りですが、オススメは

  1. 手数料が安く設定されている「特P」に登録して、どれくらい利用されるか確認する
  2. 満足いく利用申込が無い場合は、最大手でユーザーが多い「akippa」に登録をする

最初に「特P」に申し込み、実際の申込みがどれくらい有るのかを確認し、ある程度の申込みが発生するようなら、高収益率での運用が見込める「特P」を継続してください。
十分な集客が見込めないようなら、手数料は高くなってしまいますが、業界最大手でユーザー数の多い「akippa」に登録をします。

両サービスとも初期費用が発生しないため、気軽に登録することができます。

オーナーの声

「特P」と「akippa」、両サービスでユーザーの傾向があるようです

まとめ

多くの方が副業を検討する現在ですが、現実的には、時間的な制約やスキル不足などが原因で、副業に取り組めていない方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介した駐車場貸し出しサービスは、駐車場さえあれば、初期投資ゼロ・運用リスクゼロで始めることができるため、初めてチャレンジする副業として最適ではないでしょうか?

ご紹介した「特P」「akippa」は、オススメできる駐車場貸し出しサービスとして最適ですので、まずは駐車場登録をしてみませんか?

動画で解説 ~駐車場貸し出しサービス 「特P」と「akippa」~

リスク無く副業を始める ~駐車場貸し出しサービス 「特P」と「akippa」を解説~