【Click】便利モノ チャンネル「ネット回線部」では、インターネット回線選びをお手伝いしております【Click】

【実測計測】HARIO V60 珈琲王2で淹れるハンドドリップコーヒーの抽出時間は?

ガジェット

ハンドドリップコーヒーの美味しさを味わえるコーヒーメーカー「ハリオ/HARIO V60 珈琲王2」のコーヒー抽出時間を実際に計測してみた。

手淹れのコーヒー、いわゆるハンドドリップのコーヒーを味わえるコーヒーメーカーが「ハリオ/HARIO V60 珈琲王2」である。この商品の詳細については、別記事で紹介しているので、興味がある方はこちらを確認いただきたい。

スポンサーリンク

珈琲王2は、美味しいコーヒーを淹れることに特化したコーヒーメーカー

珈琲王2

珈琲王2は、美味しいハンドドリップと同レベルのコーヒーを淹れることに特化したコーヒーメーカーである。

他のコーヒーメーカーに付いているような、珈琲豆を砕くコーヒーミルの機能や、エスプレッソ、カプチーノを作るような機能も付いていない。

純粋に、ハンドドリップコーヒーを淹れることにこだわった、シンプルなコーヒーメーカーなのである。

コーヒーを淹れる時に重要な、味と香りを左右する「蒸らし機能」と、「93度という最適な湯温」にこだわっている点が特長。

HARIO V60 珈琲王2の特長
  • こだわりの蒸らし機能
  • 最適な湯温である「93度」でドリップ
スポンサーリンク

実測計測開始

計測開始

では早速、珈琲王2で実際にコーヒーを淹れて、どれくらいの時間でコーヒーが出来上がるのか、計測検証してみる。

計測は、コーヒーミルで豆を挽いた状態で、コーヒーポットにドリッパーをセットした状態から計測を開始する。

今回は、5杯分のコーヒーを淹れる設定で、蒸らし時間も含め、どれくらいの時間でコーヒーが出来上がるのかを計測してみる。

計測条件
  • 5杯分のコーヒー豆、水を使用
  • 珈琲王2の設定も「5杯」
  • コーヒーミルで豆を挽き、コーヒーポットにドリッパーをセットした状態で計測スタート

計測結果

珈琲王2計測結果

コーヒーの蒸らし時間は、約5分間であった。その後、ハンドドリップを再現するペースで、約3分間かけてお湯を注ぎ、蒸らし時間を含めて、約8分間でハンドドリップの味わいが楽しめるコーヒーの抽出が終わった

珈琲王2でコーヒーを淹れる時は、何杯コーヒーを淹れるか指定し(最大5杯)、スタートボタンを押した後は、特に操作することもないので、別のことをしながら、コーヒーが出来上がるのを待つだけだ。

そして、この珈琲王2は、シンプルな構造のため、毎回のお手入れは特に必要がなく、コーヒー豆の出がらしを捨てることと、コーヒーポット・ドリッパーを洗うだけ済む。マシンのパーツを外して洗浄したりする必要も無いため、ほぼメンテナンスフリーで使える点も非常にありがたく、このマシンを気軽に使い続けている理由のひとつである。

珈琲王2計測結果2

【動画で紹介】珈琲王2で淹れるハンドドリップコーヒーの抽出時間は?

【実測してみた】珈琲王2で淹れるハンドドリップコーヒーの抽出時間は?

【実測してみた】珈琲王2で淹れるハンドドリップコーヒーの抽出時間は?

【珈琲王2紹介動画】お手軽に本格派ドリップコーヒーが楽しめるコーヒーメーカー

【HARIO V60 珈琲王2 抽出動画】お手軽に本格派ドリップコーヒーが楽しめるコーヒーメーカー