【Click】便利モノ チャンネル「ネット回線部」では、インターネット回線選びをお手伝いしております【Click】

【初心者向け】知っておきたい スーパーマリオブラザーズ35 基本ルールと4つの作戦

ゲーム
スポンサーリンク

スーパーマリオブラザーズ35とは

スーパーマリオ35-1

スーパーマリオブラザーズ35周年特別タイトルとして、NINTENDO Switchで楽しめる35人バトルロイヤルゲーム。

2020年10月1日にNINTENDO Switch Online加入者向けに無料でリリース。ルールや操作が複雑でないため、スーパーマリオ初心者にもオススメである。ちなみに、2021年3月31日までの期間限定で、最大でも6ヶ月間しか楽しめないゲームのため、まだプレイしていない方は急いだほうが良さそうだ。

スポンサーリンク

基本ルール

スーパーマリオブラザーズでおなじみのコースとアクションで、ゴールを目指して進行していくことは、元祖スーパーマリオブラザーズと同じ。

元祖スーパーマリオブラザーズと異なるのは、35人がオンラインで生き残りをかけて、最後の1人を目指し、競い合う点。「競い合う」といっても、同じステージで競い合うのではなく、各プレイヤーが、それぞれ別々でプレイしながらも、ライバルに敵を送り込んでいき、最後の1人を目指すのである。

つまり、ライバルへの攻撃は、「敵を送り込む」ことである。とにかく、ライバルに敵を送り込みまくることが生き残りに必要になってくる。

そこで、スーパーマリオブラザーズ35を楽しむにあたり、初心者向けに覚えておきたい基本ルールを解説する。

You Tube版「便利モノ チャンネル」では、解説付きの動画で「基本ルール」と「4つの作戦」を紹介しているので、当ページ最後の章の埋め込み動画をご覧ください。

倒した敵はライバルへ送り込まれる

敵を送り込む

ステージを進めていくとクリボーやノコノコ、ゲッソーなど多くの敵が出現し、その敵を倒しながらステージを進めていくことになる。倒された敵は、ただ消え去るのではなく、オンラインプレイ中の他のライバルのステージに送り込まれるのである。

つまり、沢山の敵、強い敵を倒すことにより、よりライバルを追い込むことになるのである。 「倒した敵は、自分の味方になる」という見方もできるであろう。

パワーアップアイテム

スーパーマリオブラザーズの基本中の基本であるため、既にご存じの方も多いとは思うが、念の為、簡単に説明しておく。

キノコ

●キノコ
マリオが倍の大きさになり、敵に攻撃されても、小さなマリオに戻るだけでゲームオーバーにはならない。また、小さなマリオでは崩せないブロックも崩せるようになる。

ファイヤーフラワー

●ファイヤーフラワー
敵を攻撃するファイアーを出すことができるようになる。このファイアーマリオの状態を保つことが、生き残るための基本である。

スター

●スター
一定時間無敵になることができる。一気に多くの敵をライバルに送り込んだり、クッパやジュゲム、ハンマーブロスなどを無敵時間中に倒しまくって、ライバルを追い込んでいくことが有効である。

コイン

コイン

プレイ中にコインを増やす方法は、ステージの途中にあるコインを拾ったり、ブロックに隠されている1UPキノコなどを取ることにより増やすことができる。

集めたキノコは、プレイを優位に進めるための「アイテムルーレット」に使うことができる。

アイテムルーレットとは
アイテムルーレット

アイテムルーレットとは、集めたコイン20枚ごとに1回使えるルーレットで、任意のタイミングで使うことができる。ルーレットを使うと、「キノコ」「ファイアーフラワー」「スター」「POW」のいずれかのアイテムを獲得することができる。

ちなみに、プレイ後に所持しているコインは、基本的にゲームスタート時のキノコやファイアーフラワーといったアイテムによるキャラクター強化に使うことになり、次回のプレイ中に使うために持ち越すことはできない。

時間

制限時間

各プレイヤーには、制限時間が設けられており、制限時間が無くなると、その時点でゲームオーバーとなる。

ステージが進むにつれ制限時間に追われることになるため、制限時間を気にしつつ、制限時間を増やしながらプレイする必要がある。

制限時間を増やす方法
  • 敵を倒す
  • ステージをクリアする
  • ファイヤーマリオがファイヤーフラワーを取る
  • 送り込んだ敵がライバルを倒す
連続敵倒し

敵を踏み倒したり、ファイアーマリオのファイアーで倒したりと、色々な敵の倒し方があるが、普段意識しておくべきことは、敵を連続して踏み倒したり、蹴り飛ばした亀の甲羅で連続して敵を倒すことである。そうすることにより、普通に敵を倒した時より、多くの時間が貰える

スーパーマリオブラザーズ35は、バトルロイヤルゲームなので、のんびりと自分のペースでプレイできるような余裕は無いのである。

4つの作戦

4つの作戦

スーパーマリオブラザーズ35の最大の特徴である「ライバルに敵を送り込む」という点については、自分で敵を送り込むライバルを選ぶこともできるが、現実的には、ライバルの状況を見ながらプレイすることは困難である。

そこで、あらかじめ、敵を送り込むライバルを自動的に選んでくれる4つの作戦が用意されている。この4つの作戦を上手く使うことが、生き残るために重要となってくる。

4つの作戦1「ピンチねらい」

制限時間が少ないライバルに敵を送り込む作戦。

ピンチねらい

制限時間が少なくなると、プレイヤーは焦りが出てきて余裕が無くなりピンチ状態となる。焦りが出ているライバルに追い打ちをかけるために、次々と敵を送り込むことによりミスを誘発させる作戦。

ただし、クリボーなど弱い敵を沢山、敵に送り込むと、連続踏みなどで対抗され、逆にライバルの制限時間を増やすことにも繋がる可能性がある。

クッパやジュゲム、ハンマーブロスなど、比較的難易度が高めの敵を送り込むことが出来れば、ライバルを蹴落とすチャンスに繋げることが可能。

4つの作戦2「コインねらい」

コインを多く所有しているライバルに敵を送り込む作戦。

コインんねらい

コインを多く所有しているライバルは、上級者であることも多く、アイテムルーレットを何度も使うことができ、余裕を持っているライバルであることも多い。プレイ前半で早めに対処しておくような作戦としても有効である。プレイ前半では、初心者プレーヤーは放置しておいても自滅する可能性が高いので、上級者を早めに倒してしまう、という考え方で使うのも有りだ。

4つの作戦3「カウンター」

自分をターゲットにしているライバルに敵を送り込む作戦。

カウンター

上級者は、コイン狙いやカウンター作戦でターゲットにされやすいため、カウンターを使っていることが多いと考えられる。また、自分をターゲットにしている複数のライバルをカウンターで攻撃できるので汎用性が高く、とりあえず、この作戦を使っているプレイヤーも多いのではないだろうか。

4つの作戦4「ランダム」

その名の通りライバルをランダムに選び敵を送り込む作戦である。(作戦なのか?)

ランダム

戦略性が低いため、使うプレイヤーは少ないと思うが、余裕のある上級者がプレイ序盤で使い、見事ランダムに選ばれた初心者が攻撃され、ゲームオーバーということも起きているのかと思われる

初心者向け プレイのポイント ~スーパーマリオブラザーズ35~

初心者のうちは、ライバルに敵を送り込むことを考える余裕が持てず、ステージを進めることに注力することになりがちである。

ゲームに慣れるまでの間は、ゲームオーバーにならないよう、プレイ前半では、ライバルに敵を送り込むこと以上に、制限時間を稼ぐような立ち回りを意識することをオススメする。

制限時間を稼ぐ方法はいろいろあるが、余裕のある時は、ファイアーマリオであっても敵を踏みつけて、かつ連続で倒すことにより制限時間を稼ぐことができるので、意識して実行すると制限時間に余裕を持つことができる。

そして、コインをコツコツと貯めながら、アイテムルーレットを使いファイアーマリオの状態を常にキープすることを心がけるようにすることである。

あとは、穴に落ちてゲームオーバーになるような凡ミスを起こさないよう、焦らずにプレイすることも大切である。

初心者が1位を取るためのポイント
  • 制限時間を稼ぐ
  • コインを稼ぐ
  • 穴に落ちない

このポイントを意識してプレイすると、それほど時間をかけることもなく、1位を取ることができるだろう。

センスの無い私でも、このポイントを意識することにより1位を取ることが出来たので、みなさんも安心してほしい。

【10分で解説】スーパーマリオブラザーズ35 初心者向け 知っておきたい基本ルールと4つの作戦

【10分で解説】スーパーマリオブラザーズ35 初心者向け 知っておきたい基本ルールと4つの作戦